TAKESHI KANNO  Sculpture

「Metal Fetish」

2018年8月29日(wed)~9月17日(mon)
日本橋高島屋6階 美術画廊 X

子供の頃に触れた金属、その重量、冷たさ、硬さに得もいえぬ魅力を感じました。
そんな金属も作業法や仕上げによって、様々に表情を変えます。
今回のメタルフェティッシュ展では、重厚なイメージの金属を使って
「ほっこり」柔らかな作品を目指しております。
 
菅野 猛

 

 

 

 

 
 

「金属に魅了され、独自の表現を展開する現代作家4人とユニットによる金属造形作品展」 
 

このたび日本橋髙島屋美術画廊Xでは、金属に魅了され、独自の表現を展開する現代作家4人と1ユニットによる金属造形作品展「メタル フェティッシュ」を開催いたします。
 きめ細かい肌のように美しく研き込まれた表面、官能的な死の香り漂う腐食断面、生物の臓器の如く有機的に絡まるパーツやコード、もはや愛らしくさえ思える神経を逆撫でするギミック。無機的な物質に宿る冷徹なエロスとタナトス。加工や経年によって時間と光を反射し吸収する金属は、私たちを太古の時代から深遠広大な宇宙の果てまで、時空を超えた夢想の世界へと誘います。
 まるで未来のお伽噺の語り部たる内林武史、クールで艶めかしい祭器のような菅野猛、驚異的に微細な詩的世界を創りあげる桑原弘明、金属彫刻家であり研究者、直線と曲線によるシュールな緊張感の篠田守男、日本の高度成長期の中小企業スタイルで、ナンセンスな「製品」を開発し続ける明和電機。強烈な個性を持った金属フェチの作家たちが、矩形のギャラリーに一堂に集います。
 金属アレルギーの方はくれぐれもご注意ください。

 髙島屋美術部

  
 
展覧会名:メタル フェティッシュ「Metal Fetish」
会期:2018年8月29日(水)→9月17日(月)
時間:午前10時30分〜午後7時30分
会場:日本橋髙島屋6階美術画廊X  (東京都中央区日本橋2-4-1)
出品作家(50音順):内林 武史   菅野 猛   桑原 弘明   篠田 守男   明和電機 
◇ギャラリートーク=9月2日午後3時から
 
日本橋高島屋 ギャラリーX ホームページ